スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日感情について

連日ニュースで取り上げられている 中国での反日感情 反日デモ。

心が痛みますね。

国と国の問題ですよ。 個人や団体では片付けられない問題なのに
どうして あんな残酷なことができるのかなぁ~。
とっても残念です。

こんな時思うのが 信義則。
 
せめて 日本人は同じことをやらないで欲しい。



今日 たまたま中国人の留学生(女の子)と話す機会がありました。

彼女 『 テレビで毎日中国のことやってる。あんなこと…とっても困ります。』

そう言っていました。

私は 『 ほんとだね。 』 としか言えませんでした。



そういえば チビがオーストラリアに留学中 あちらでも反日感情が多少あり
アンザックデーに
日本人はできれば外出しない方がいいよ。と注意をされたことがあった…とのこと。

本当は アンザックデーって 戦時中の英雄を称える日であって
反日デモの日ではなく、怖い日というわけでもないらしいんだけど

ただどうしても オーストラリアに侵略したのが日本だったから
一部に反日感情が残っているらしいんです。



チビ曰く 実際には その日よりも サッカーの 対 日本戦の夜のほうが恐かったらしいけど(笑)



んで 思い出したことがあります。

ある日チビが

『 初めて 反日を感じた。 』 って連絡してきたことがあったことを。


あちらの学校で オージー男性とめちゃめちゃ気が合い、
お友達になって 自宅へ招かれた時のこと。

とっても気のいい彼は 純粋のオーストラリア人。写真見たけど めっちゃ男前♪ 

でも 自宅に行くと 彼のパパは

『 ゆっくりしていきなさい。でも君は息子の友達で、
  私の友達ではない。
  悪いけど 私は君をもてなすことはできないんだ。 』 


そんなことを言われたそうです。

彼に聞くと
彼のパパは 第二次世界大戦で親族を失くし
心の底から 日本人を許すことができない。

まさしく 反日感情を持っていたらしい。



チビが 『 まるで今日が 私にとって ”アンザックデー ” だったみた~い。 』 

そう言っていたのを ふと思い出しました。



追記 

彼のパパが反日感情を持っていて チビが悲しい思いをした。。。という話ではなく、

戦争を知らない18歳のチビが 反日というものを初めて感じ、

反日の思いはあっても 彼のパパのように こんな誠実な方もいた。と しめくくるべきでしたね。


スポンサーサイト
プロフィール

もも

Author:もも
住まい 宮崎県
性別  女




平凡な家庭の主婦です。
毎日手抜きの簡単料理ですが
『これ食べました』 の記録です。
DIYも最近はじめました。
『こんなのができたよ』 の記録もしています。
平成22年までのブログはこちら♡
http://momorikomomo2.blog56.fc2.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。