スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねえの事故  私の退職

先週末 おねえが事故をしました。
幸い 相手に大きなケガはありませんでしたが、

おねえ曰く 『 100% 私が悪い (ρ_;) 』

見通しが悪い押しボタン交差点。
おねえは一旦停止の場所が悪かったようで、

歩道を走ってきた中学生の自転車に ガシャンッ!

一報を聞き 慌てて現場に駆けつけると
ちょうど現場検証が始まった所。

ジャージ姿の少年が

『 とっさに ころんで受身をとりました。』 と、ニコニコして警察官に話していました。

ぶつかった自転車を見ると 前輪が真ん中で直角に曲がり
とても無傷でいたとは信じられないほど。

私が加害者であるおねえの母と名のり、 『 ほんとにどこも痛くないですか? 』 と聞くと、

『 ハイ! 大丈夫です! 』 クリクリ頭の少年は ハキハキと答えてくれました。

『 よかったぁ~ 』 と、思わず抱きついてしまった 私。

おねえが連絡して駆けつけていた 彼のお父さんも 私が抱きついた時にはさすがに大笑い。

だって本当に 本当にケガがなくてよかった。。。彼の運動神経に感謝。涙が出そうになりました。


これが お年寄りだったら…女性だったら…と考えると震えがきます。


警察の現場検証や 
保険屋さんの立会いで 翌日 念のために病院へ行ってもらうこと、

あらためてお家を訪問させていただくことなどを打ち合わせて 帰宅。


本当に本当に 不幸中の幸いであることに感謝しました。


そして 翌日、
当日留守だった旦那さんと私、おねえの3人で 被害者の中学生のお家を訪問。
お詫びをしてきました。

相変わらずニコニコして元気に向かえてくれた彼と 当日お会いできなかったお母さんにあらためて謝罪。

ケガもなく無事だったことに安心して帰宅しました。





『 ごめんね。心配かけて。。。 』 おねえは 何度も何度も反省の言葉を口にしましたが、


私こそ ごめん。おねえ。


私は最近 仕事の帰りが遅くて おねえに母の夕飯を任せることが増え、

その日も 一旦帰宅したおねえは 急いで母のお夕飯を準備し、

職場の飲み会に出かける所だったのです。


『 決して 急いでいたんじゃない。あわてて起こした事故じゃない。 』 とおねえは言いますが、


事故の直前 私にかかって来た電話。


『 今 おばあちゃんの夕飯だけ用意しといたよ~。

                  今から飲み会に行ってくるね~。 』


その直後の事故だったのです。


本人はそうじゃないと言いますが 
職場から一旦帰宅して 母の夕飯を準備し、

本当は慌てて家を出たんじゃないかと…

いつもは 職場から直行するのに…


私は その日が職場の飲み会だと知っていたのに、

朝、おねえの 『 おばあちゃんの夕飯は準備して行く。大丈夫! 』 と言う言葉に甘えていた。
 
そんな日くらい 私が早めに退社すればよかったのに…


反省するのは おねえよりも 私…だと思いました。



実は つい先日 会社を辞める決心をして 退職希望が受け入れられたばかり。

半年くらい 迷いに迷って やっと決心し、

母の介護を理由に 辞職の希望を伝えたのが先週の月曜日だった。

こんなことなら もっと早く決心すればよかったな (ρ_;)

もう少しゆとりを持って 母の介護をしていれば…と反省。


だけど
あくまでも おねえの事故は おねえ自身の不注意だと厳しく伝えました。
これは 親の役目ですから。

車を利用する者にとって
どんな時であっても 運転は 気をつけてしなくてはいけません。

私達がいつかいなくなっても 
これから先 何十年もハンドルを持つおねえの教訓にしてもらわないといけない事故だと思っています。


でも、厳しいことを言いながらも

1番反省しなくてはいけないのは 

謝らなくてはいけないのは 私…だと心から思っています。


ごめんね おねえ。

スポンサーサイト
プロフィール

もも

Author:もも
住まい 宮崎県
性別  女




平凡な家庭の主婦です。
毎日手抜きの簡単料理ですが
『これ食べました』 の記録です。
DIYも最近はじめました。
『こんなのができたよ』 の記録もしています。
平成22年までのブログはこちら♡
http://momorikomomo2.blog56.fc2.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。